住宅ローンと自己資金

jyutaku-loan

住宅を取得するためには、住宅ローンの頭金のほか諸費用を自己資金で用意しなければなりません。

頭金や諸費用の融資を行っている金融機関もありますが、将来の家計の負担をなるべく少なくする意味でも、頭金と諸費用は自己資金で賄う方がよいでしょう。

住宅取得があまり遅くなると、ローンの返済期間が短くなり返済が大変なので、なるべく早く積立てを開始するようにします。

通常、ローンの頭金として物件価格の2割程度が必要となります。現実には頭金なしで融資する金融機関もありますが、家計の負担軽減のためには、ローンの金額をなるべく抑えるのが基本です。

このほか諸費用として、新築住宅の場合は物件価格の3~5%、中古住宅の場合は仲介手数料が必要なため6~10%を見込んでおかなければなりません。

したがって、住宅取得にあたっては取得価格の3割程度の自己資金を準備することが必要です。

諸費用としては、住宅ローン保証料や融資手数料、団体信用生命保険料、火災保険料、仲介手数料、登記費用、不動産取得税、さらには引越し費用、インテリア・家具購入費などがあります。

Comments are closed.