購入と売却のタイミングを合わせるのは難しい

jyutaku-loan

住宅を買い換える場合、売り・買いのタイミングがずれることが多く、その場合は当初予定していなかった出費を強いられることになります。

買換えの検討の段階を、時間を追ってフォローしてみましょう。

1.新たに購入する物件を探す。

2.気に入った物件が見つかったら、今の家がいくらで売れるか、ローンを返済していくら残るか、購入物件の住宅ローンはいくら借りるかなど資金計画を立てる。

3.住宅ローンを借りる場合、わが家の家計でローン返済が可能かどうか検討し、銀行に借入れの可否を打診する。

4.資金計画が固まったら、物件購入について業者と折衝に入る。

5.購入物件が建売住宅やマンションなどの新規分譲物件の場合は、スケジュールが決められていることもあるので、売却もそれに合わせたスケジュールで進めることになる。中古物件を買う場合は、売主の事情に合わせて売却のスケジュールを立てる。

6.現在の自宅の売却を業者に依頼する。

7.購入と売却の契約を締結する。

買換えの動機にもよりますが、一般的には以上のような経過をたどって買換えのスケジュールが進められることになります。

ここで問題になるのは、特に新規物件の場合は「買い」の契約日が固定されてしまうことが多いということです。

売り買いの契約をほぼ同時期に行うことができ、引渡し時期も双方合わせることができれば問題ないのですが、むしろそうでない場合が多いのです。

(続く)

Comments are closed.